トップページ > 業務案内

業務案内

業務内容

最大なんと6色印刷が可能!凸版印刷ならではの鮮やかさを活かしつつ、オフセット印刷により近い品質で印刷できます。大ロットも難なくこなすので、大量生産の製品にはピッタリです。インク量や配合など、職人の眼力に頼っていた行程を自動化し、低コストを実現。
■設備・・・三起機械SMP300:2台(内1台はのり殺し可能)、源祐ロータリーGP7250
輪転機


1~4色まで印刷可能です。小さなラベルから大きいラベルまでスムーズに印刷します。微妙な色の調整が得意で写真のような繊細なものも見事に表現できます。もちろん特色印刷もできます。凸版印刷では難しいCMYKの掛け合わせも、熟練したオペレーターの経験と技術で、より美しく、より高品質に仕上げることができます。UV乾燥装置を搭載した印刷機もあり、PETやユポなどのインクが乾かない紙への印刷も難なくこなします。お客様に満足して頂けることをお約束します。
■設備(大型印刷機)・・・
イワサキVS、シキPC4530MWLP、シキ PC4530MW:2台、オンダ OPM250
■設備(小型印刷機)・・・
オンダ OPM150:5台(内3台UV乾燥装置を搭載)、オンダ OPM-HL-A
平圧機


弊社ではシール印刷を主流にしていますが、オフセット印刷も行っています。主に名刺・封筒・チラシ・ポスター・DM等の印刷を行っています。厳しい色の微調整もでき、多種多様の紙質にも対応しており、繊細で美しい印刷が可能です。取扱説明書などの精密さを問われる印刷物も専任のオペレーターによる高度な技術で印刷できます。印刷、断裁、折り、製本、梱包まで一括仕上げなので、急な変更にも柔軟に対応できます。
■設備・・・RYOBI 3300CR(2台)、RYOBI 3200PCX、大型紙折機、断裁機、平版直焼諸設備一式
オフセット


2012年8月にCTP設備を導入しました。従来はシールデータをフィルムにおこし、それを樹脂版に重ね光(UV)を当てることで硬化させ、版を作成しておりましたが、CTPでは版の表面にカーボンが密着しておりフィルムレスとなりました。また、版とカーボンが密着しているので、より繊細な線やドットの表現が可能となりました。アミ点は最低1%まで表現可能です。
■設備・・・Esko CDI Spark A3、タカノ機械製作所 DX-A3D、Intel imac(2台)
オフセット


刷り上がった製品は、かすれ・ズレ等のないようCCDカメラを搭載した検査機にかけ精密検査をします。厳しい検査を通過した製品は、お客様の仕様に合わせてそれぞれ専任のオペレーターがスリッター・オートカッター・カスあげ・折り・ニス引き等の加工作業をします。
■設備・・・
スリッター機:三和技研株式会社 MS-300、SSS-300EB 、S-300 3台
シートカッター機:三和技研株式会社 PT-270H、PT-350GTC
ニス塗工機:恩田商事株式会社 OPM-RC250Ⅱ
ラベル検査機:ベルパックYC511,LNI,99,160
ラベル折機:三和技研株式会社SFM-3
カス上げ機:三和技研株式会社WS-300 オフセット


リシール袋「あけピタ エコパック」は、1回で消費できない保存食品に低コストで手軽に利用してもらうことをコンセプトに商品化しました。ハサミ不要で開封した袋のすぐ下のリシールテープを剥がすと粘着剤が付いており、中身が減った場合、手前に折り返し、粘着剤で袋を密閉します。随時、中身が減ってきたら折畳み位置を下部にずらして商品を小さくまとめることができます。冷蔵保存が必要な商品は冷蔵庫の省スペース化にもつながります。


動画配信中!!